雉たちの恋の季節

 いよいよ雉たちが愛のランデブーを繰り広げだした。
  f:id:TatsuyaYokohori:20210421112434p:plain
写真上はメスの後を付いて歩くオスであり、メスにはまだその気が無く、エサを探して歩き回っている。写真下は、メスのその気を察知し、メスの前まで躍り出たオスで、まるで「オレの尾羽を見てくれ、すごいだろう。結婚してくれ!」と言ってるような姿である。
 鳥類には春という恋の季節があるが、人間にはそういう特別な季節はなく、年がら年中発情期の人もいれば、人生を通して全く音沙汰のない人もいる。初婚年齢が上がり、生涯未婚率も男性で26%、女性で17%にも上昇してきている。少子高齢化対策として、この晩婚化と未婚化に手を付けないと、良い成果は期待できない。
f:id:TatsuyaYokohori:20210421112859p:plain
 岡山大学富山大学の共同研究で、脳で合成される「母性のホルモン」オキシトシンが、新たな局所神経機構‘ボリューム伝達’を介して、脳から遠く離れた脊髄まではたらきかけ、オスの交尾行動を脊髄レベルで促進していることがわかった。
 オキシトシンが勃起や射精などのオスの性機能を活性化しているということらしい。世の「その気の無い男性」には、オキシトシンを注射し、是非とも女性を美しいと思える人になって欲しいものである。
 世の中、その気はあるのだが、なかなか一歩踏み込んでいけない慎重派の男性もいる。ドーパミンは、意欲や動機を促す神経伝達物質であり、前頭葉報酬系神経に作用して幸福感や達成感を醸成する。また、同じく神経伝達物質の一つであるセロトニンは、ストレスに対する精神安定化を担う。慎重派の男性には、ドーパミンセロトニンを増やす食事と生活習慣にて、是非突破口を開いて欲しいと思う次第である。



 



変異株に対するワクチン3回接種の効果

 昨日は、変異株(E484K)に対しワクチンが効かなくなる可能性について述べた。ワクチンと抗体量の関係については、3/9のブログで基本的な考え方を示しているが、ここ最近得られた情報を加味して再考した。
f:id:TatsuyaYokohori:20210420111451p:plain
 上図はファイザ製ワクチン接種回数と抗体量の関係を示す概念図である。3つの各山は、1回接種、2回接種、3回接種した場合の、接種者の抗体量を基準としたばらつき度合いを正規分布曲線にて表現している。3/9のブログでは、1回接種と2回接種の2つの山が非常に接近して書いてあったが、最近、石川県のワクチン接種済み医療従事者が感染したニュースがあり、この事実は、1回接種だけでは、多くの人で不十分であることを暗示している。かと言って、英国は1回接種だけで周辺国(仏、独、伊)よりはるかに低レベルに感染を抑えこみできているので、1回接種だけでも相当数が十分な抗体量を保有に至っているはずである。このような状況を踏まえて、上図のようなイメージを描いた。この図では、1回だけでは4割程度が不十分になるが、2回接種すれば、基準値未達集団を5%程度に低減でき、これは有効性95%を示していることになる。
 次に、変異株対策についてだが、先日米国がワクチン3回接種計画(booster shot)に入ると発表した。米国はいつも一歩先を読みながら戦略的に動くので、日本も見習わなければいけない。私も、変異株対策として「ワクチン3回接種作戦」は十分効果的だと思っている。この有効性を絵にしたのが上記概念図である。この図が正しいとすれば、E484K変異株が主流になって流行り出すと、より多い抗体量が必要となるので、抗体量の基準値が右へ動く。そうなると、ワクチン2回接種済みの人でも4割程度が感染の危機に晒されることになる。ところが3回接種すると、その割合を2割以下まで下げることができるのである。
 なお、上述内容は概念を述べたものであり、数値に対するエビデンスは全く無い。ただ、作戦を立案し、それを作戦遂行者に理解してもらうには、このような概念図が絶対必要であり、これ無しでは作戦も頓挫するであろうと思う次第である。

変異株の脅威とワクチンの効果

 日本でも変異株が主流となってきた。N501Y変異株は感染力がアップしていると言われているし、E484K変異株は「免疫逃避型」と言われている。
  f:id:TatsuyaYokohori:20210419112337p:plain
上図は免疫逃避の説明図であるが、中和抗体がウイルスのスパイク蛋白質に結合し難くなったため、E484K株ウイルスが細胞受容体(ACE2)に結合できるようになった(感染できるようになった)ことを示している。実際ブラジルでは、この2つの変異を両方とも含んだダブル変異型(N501Y+E484K)が流行したため、第1波で感染した人(中和抗体ができた人)も再感染し、第1波をはるかに超える1日8万人の感染者を出してしまった。
 これに対するワクチンの効果であるが、N501Y株ウイルスに対しては、従来と同程度の抗体量で中和できたが、E484K株ウイルスに対しては従来型を中和できる抗体量の3.5〜10倍を必要としたとのレポートが公表されている。
 これらを踏まえた今後の日本の変異株シェアと感染状況は以下のような姿になると予想される。
・当分の間、N501Y株が従来株のシェアを食っていく
・ワクチンが行きわたり始める秋口から、E484K または ダブル変異型(N501Y+E484K)が主流となり、感染が再拡大する(第5波)。

 ここまでは暗い話題になったが、ファイザ社のワクチンに関しては、明るい話題も提供されている。ワクチンは抗体を作るためのものとされているが、この抗体産生効果以外に、キラーT細胞を作り出すことが明らかになった。抗体を、細胞に感染する前のウイルスをやっつける武器とすれば、キラーT細胞は、細胞に感染し細胞内に入り込んだウイルスを感染細胞ごと死滅させる強力な武器と言える。このため、ワクチン接種で後遺症も癒えたという症例も報告されている。ワクチンのE484K変異株に対する抗体としての効果は下がってしまうが、キラーT細胞産生による効果は、従来株と同等に働くので、第5波の山は低く押さえられるかも知れない。



選挙の投票に行って感じたこと

 今日は富山市長選挙および富山市議会議員選挙に行ってきた。まず最初に、投票券に性別が書いてあるのが気になった。以前は何とも思わなかったことだが、LGBTという言葉が使われ始めて以来、男とか女とかの表記が本当に必要なのかと考えるようになってきた。
 ジェンダー平等や男女平等は日本の課題になっている。最近、世界経済フォーラム(WEF)が 各国のジェンダー不平等状況を分析し、「世界ジェンダー・ギャップ報告書」を公表した。その中には、日本が男女平等ランキングで120位と書かれてあった。私は、自分の息子や娘の世代においては、大学への進学においても企業への就職においても男女差別はほぼ無くなっていると感じている。ただそれが、調査項目を政治家や企業役員の男女比率と変えた場合、男女の不平等感がどうしても出てしまうとも思っている。こうなる理由は、調査項目の対象となる年齢層が高くなれば(政治家や企業役員となる対象年齢層は50代、60代と高くなる)、その人達がまだ若かった数十年前の日本の姿が反映されてしまうからだ。私の思いからすれば、日本の状況は確実に改善の方向にあるのだが、どうも回りの国々が、日本以上のスピードで改善しているみたいだ。
 投票所は近くの中学校で、待ち時間無く3密にもならず、スムーズに投票できた。東京に居た時の区議会議員選挙と同じで市議会議員選挙は誰に投票して良いか実に悩ましい。公報に書いてある公約や経歴を読んでも判断付かないのである。投票に行かない若者を憂うこともあったが、私がこんな状態で投票するなら彼らを責める資格はない。むしろ白票で出すべきかとも思った次第である。
 妻が帰る途中、中学校の女子トイレが今どうなっているか見て来た。当然水洗になっていて、ウオッシュレットは付いてなかったが、便座は暖かったと言っていた。

筍掘り

 昨日は妻の母方の実家の裏山で、今日は私の実家の裏山で筍掘りをした。

f:id:TatsuyaYokohori:20210417163518p:plain
 妻の母方の実家は、富山市街地から立山山麓に向かって30分程車を走らせたところにある。実家と言っても、もう家もなく誰も住んでいないので、元実家があった場所と言うのが正しい。この辺りにはもう近くに集落もなく、元あった駅舎の土台石の並びだけが寂しく残っていて荒れ果てている。線路と平行で伸びる県道に面したその元実家の竹林には、先着者が掘り起こした穴があちらこちらに空いていて、前日に収穫された後であろうと思われた。ただ、採り漏らした小ぶりのものが2つ収穫できたので来た甲斐はあった。先着者は多分この近くの住人だと想像するが、他人の土地の筍を取っていったのだから、はっきり言って泥棒である。ただこちらも妻が二親等の親類であるだけで、丹精込めて育てた筍でもないので、「一足遅かった」と思ったが、盗人を恨む気持ちは湧かなかった。
 私の実家は富山市と隣接する射水市にあるが、裏の小高い山が竹林となっていて、今朝行くと、地面から7,8cmほど頭を出した筍を5,6本見つけることができた。写真は今日の収穫物である。今日は実家から筍掘り用の鍬を貸してもらって掘ったが、これがなかなか難しかった。筍掘りは、根元にこの鍬を打ち込み、てこの原理でぐいと持ち上げ起こすのだが、丁度良い場所へと 、振り上げを低くし、コントロールを重視すると力が入らず、根元に深く打ち込めなかった。逆に大きく振り上げ、力を入れて振り下ろすと、右利きの私の場合、どうしても右の方へずれてしまい、ターゲットポイントから外れてしまった。
 ところで、筍は「竹の子」とも書くが、この筍は親竹から生まれた子供ではない。今日採った筍は皆、遺伝子が同じクローンである。またクローンと言っても、裏山の竹林の竹は皆 地下茎で繋がっているので、別々な個体ではなく、竹林全体で一個体と言える。このような生き方をしている植物にとって、「寿命」という概念も違ってくる。竹林の中には、折れて朽ち果てた竹もあるが、これは竹の寿命が尽きたことを意味しない。竹林全体として一つの生命体であり、その一部が壊死しても、新しい筍が竹へと成長するので、この生命体としては生き続けていることになるからである。
 それなら、人間も自分のクローンを作れば、たとえ自分が死んでもクローンが生き続けるから永遠の命を得たことになるかと言えば、そうはいかない。クローンでは心が継承できないからである。それでは、将来AIがますます発達して、私の頭脳の中の全てをAIに移植できたとしたら、そのAIは永遠の命を実感できるのであろうか? それとも、AIには自我があり、自分が元だれそれの頭脳であることも認識できるのだから、死んでしまった私のことを、自分自身とは思わず、自分を産み出した「親」だと思うのであろうか?



 

都道府県別経済的豊かさで東京都が最下位に

 令和3年1月に国交省が公開した資料を読んでいたら、非常に興味深いことが書いてあった。都道府県別に経済的豊かさをランキングした場合、何と東京都が最下位になったと言うのである。その資料は、東京一極集中の是正に向けての懇談会がまとめた資料であるが、以下に示すように、可処分所得を基に細かな調整を行い、経済的豊かさの指標値を算出し都道府県別にランキングしている。
f:id:TatsuyaYokohori:20210414213437p:plain
  この公開資料は、上図について以下のように説明している。
「東京は、所得や時給最低賃金の高さでは全国一位であり、一番豊かな地域に思えるが、給料の総支給額から税金や社会保険料などを差し引いた「可処分所得」でランキングを作ると、1位ではなく3位になる(上図1段目)。また、高額所得者が多い地域では平均値が引き上げられるため、可処分所得の上位40~60%の中央世帯だけで可処分所得ランキングを作り直すと、東京は12位まで下がる(上図2段目)。更に東京は、基礎支出(食糧費、家賃、光熱水道費)が全国で最も高い地域であり、そのため、可処分所得から基礎支出を差し引いてランキングを作ると、東京は42位まで下がる(上図4段目)。更に東京は通勤時間が長く、この通勤時間を費用換算して差し引くと47位、つまり最下位となる。」

 長らく東京に住んでいた私には、東京は住み難いところという実感があり、この資料の主張には共感する。そういう意味では、定年を期に富山へ帰ってきたのは正解だったのだろう。この資料では、富山県は経済的豊かさで全国1,2位のランキングであり、その一つの例として、富山では30代で持ち家の一軒家に住むのが当たり前となっている。実際、近所の30代家族もソーラーパネルのエコな一軒家を建てて住んでおり、都会の若者には想像もできないような豊かでゆったりとした暮らしをしている。また、富山市コンパクトシティとしても有名であり、公共交通(市内電車等)を軸にしたコンパクトな街づくりを目指している。東京から最終の新幹線で帰って来ても市内電車がまだ動いていて、自宅までタクシーを使わず帰れるのは素晴らしいことである。
 しかしながら、都会の暮らしを求める若者は今後も多くいるであろう。都会には、田舎では味わえない刺激のある生活があるからだ。また、地元の田舎では、自分がやりたい仕事が無く、都会へ出ざるを得ない人も減らないだろう。
 このように考えると、東京一極集中は今後も続くと思われるが、ここへ来て新型コロナの影響を受け、「テレワーク」という仕事のやり方が増えてきた。私が今 パートタイマーとしてやっている仕事もテレワークばかりで、東京-大阪-富山を繋ぐZoom会議で全て対応できている。たとえ対面のリアル会議が必要になったとしても、週一の東京出張程度で収まるなら、自分がやりたい「都会の仕事」を、「田舎の自宅で」ゆったりとできることになる。田舎がコンパクトシティであるなら、もうほとんど完璧に思える。私は、この「新しいライフスタイル」が東京一極集中を是正できる鍵に成り得ると思う。


天の川銀河はどのように成長して来たか?

 今日のテーマは「天の川銀河はどのように成長して来たか?」である。王立天文学会(The Royal Astronomical Society)の記事の中に「解読された天の川の家系図」というものがあったので、その内容を紹介する。
---- 以下 ネット記事内容 --------
 星が密集している球状星団は、宇宙の歴史と同じくらい古いとされている。天の川銀河には150以上の球状星団が存在し、その多くは小さな銀河が合体して現在の銀河になったときに形成されたものである。つまり球状星団は、銀河の形成過程を復元するための「化石」として利用できる。
f:id:TatsuyaYokohori:20210414134639p:plain
 上図は、天の川銀河がどのような祖先銀河を取り込みながら成長して来たかを示している。この図は上側が過去で上辺が宇宙の始まりの時期を示している。上段には6枚の写真があるが、左から4番目が天の川の祖先銀河を示し、残りの5枚はその祖先銀河と衝突し取り込まれた主要な祖先銀河を示している。
 今回、AIを用いた球状星団の解析により、新しい発見があった。今から110億年前、天の川銀河が Kraken(左から3番目)と呼ばれる祖先銀河と衝突し融合したことが分かった。今までは、約90億年前に起きたガイア・エンケラドス・ソーセージ銀河(一番右)との衝突が最大の衝突現象であると考えられていたため、それより20億年も前、まだ天の川銀河の質量が現在の1/4程度であった時のこの衝突・融合は、当時の天の川銀河の姿を一変させたと考えられる。
 天の川銀河は、その歴史の中で、1億個以上の星を持つ銀河を約5個と、1,000万個以上の星を持つ銀河を約15個とを飲み込んできた。
---- 以上 ネット記事内容 --------
 この記事を読んで驚いた。2つの星団が衝突することは知っていたし、我々が暮らす天の川銀河が約40億年後に、最も近い銀河であるアンドロメダ銀河と衝突し、融合すると予想されていることも知っていたが、その天の川銀河がもう既に、こんなに沢山の銀河と衝突・融合を繰り返して来たとは知らなかった。
 私は、ルーツがとても気になる。どのように始まったかも気になる。
  ・宇宙の始まり
  ・生命の始まり
  ・知能の始まり
上記3つの謎が解明され、それがこのボケ始めた私の頭脳で理解できたら、最高の気持ちになるであろう。宇宙が始まり、その後天の川銀河の種となる祖先銀河ができたわけだが、その種銀河に太陽系の種が含まれていたのか、それとも太陽系の種は、後から天の川銀河に衝突した祖先銀河の方にあったのか、このネット記事には書いてない。別にそれが分かったとしても、どうってこともないのだが気になるのである。しかしながら、今日のように新しい発見があると非常にうれしい気持ちになる。今日は良い日であった。