タテよこ斜め縦横無尽

田舎の年金暮らしのたわごと

政治家の評価

 今日は日中国交正常化50周年の節目の日である。日本と中国は1972年9月29日、北京で日中共同声明に調印し国交を結んだ。声明は、日本が過去の戦争で中国国民に重大な損害を与えたとして「責任を痛感して深く反省する」と表明。中国は日本への戦争賠償請求の放棄を宣言した。この正常化を主導した当時の田中角栄首相は、その後、高支持率を背景に「日本列島改造論」の具体化に邁進する。ところが、日本列島改造ブームが地価の急騰を引き起こし、翌年に起きたオイルショックと相まって「狂乱物価」を引き起こす。そしてその翌年(74年)に起きた「田中金脈問題」により、田中内閣は退陣に至ることになる。そしてその後1976年にロッキード事件が勃発し、政治家 田中角栄の評価は深く沈むことになった。
 この田中角栄氏が、最近再評価されているという。評価がしっかり固まるには、50年という年月はまだまだ短いのだろうか?
 最近西九州新幹線が開業した。この路線は1972年12月12日、建設を開始すべき新幹線として告示され、翌73年に、整備計画が決定された「整備新幹線」の5ルートのうちの一つ(九州新幹線長崎ルート)である。50年前、日本列島改造論の中で計画したものが、ようやく実現したことになる。そして、この西九州新幹線を作ったことに対する評価は、もっと先になる。
 50年前の日中国交正常化の際は、領土問題を棚上げとし、国交を結ぶことを最優先とした。賢明な判断だったと私は評価したい。実際周恩来は、「存小異、求大同(小異を残して大同につく)」と言った。領土問題という小さな意見の相違を棚上げにすることで、国交正常化という大きな目的が達成されたわけである。しかしながら、この棚上げが、未来へ火種を持ち越すことになった。ここ数年、尖閣諸島領域への中国船の侵入が高水準のまま推移している。私は中国の肩を持つ気は更々ないが、中国人にしてみたら、「棚上げにしてあったものを勝手に国有化した日本が悪い」ということになる。
 このようにして、政治家の評価は50年経ってもなかなか定まらない。国葬儀の弔辞の中で、菅前総理は、故安倍晋三元総理が生前「山県有朋」を読んでいたことを明かした。この本の中で、著者である政治学者 岡義武は、山県有朋のことを「天皇制の上に自己の巨大な権力を構築」し「民衆は彼にとっては、支配の客体にすぎなかった」と批判している。安倍元首相は、同郷(有朋は長州藩出身)の先人を評した本をどういう思いで読んでいたのであろうか? そして安倍元首相自身の評価は、いつ、どういう形で定まるのであろうか?

インプラント埋め込み手術

 今日、インプラント治療の中心工程である「インプラント埋め込み手術」を受けた。朝の9時半から11時まで、口を開けっ放しの、顎の筋肉がとても疲れる手術であった。
 手術は局部麻酔から始まり、その注射の際は多少の痛みを感じたが、その後は全く痛みを感じることはなく、歯茎を切開する時も、歯槽骨に穴を開ける時も、その穴にインプラントを埋め込む時も無痛であり、最後に歯茎を縫合する時に多少の痛みを感じるだけだった。
 痛くはないが辛い手術であった。私の場合一番奥の奥歯だったため、医者から何度も「もっと大きく開けて」と言われ、その度に大きく開けようとするのだが、普段はそのように使ったことがない筋肉を長時間最高の収縮状態にしたため、その内筋肉が疲れてきて、口が思うように開かなくなった。また、歯槽骨に穴を開ける際は、ドリル先端に水を噴射しながら行うので、吸引し切れない水が喉に入りそうになり、咽頭を閉めて呼吸も止め、必死に耐えた。
 さて、この後の工程だが、今日埋め込んだインプラント(チタン)の回りに骨組織がからみつき、しっかりと固定されるまで約3ヶ月掛かる。従って、最終工程では、インプラントを土台に(歯根として)人工歯を形成することになるが、実施は年明けになりそうだ。

宇宙の真理と般若心経

 今日は午後から安倍元首相の国葬が行われる。最近、メディアやネット上で国葬賛否の意見が乱れ飛んでいる。私は国葬賛成論者ではないが、国葬当日は、反対論者は黙して反対行動を執り行わず、反対でも賛成でもない人は、国葬の国を外して「葬儀」と捉え、故人の冥福を祈るのが、人としてのあるべき姿ではないかと思う。
 こんな時は、俗世間のごたごたから離れ、壮大なことを考えるのが良い。昨日図書館から、戸谷友則著の「宇宙の「果て」になにがあるのか」を借りて来た。その中で宇宙は、
 「インフレーションが終わり、それを引き起こしたポテンシャルエネルギーが相転移によって高温・高密度の物質と光に転化する瞬間がビッグバン宇宙の誕生である」
と書いてある。私の解釈により、この本に書いてある内容を想像力たくましく膨らませて模式化すると以下のような図になる。(誤解がないよう言っておくが、図中に使われている言葉は私の創作であり、著者がこの本で「この世」とか「あの世」とかと書いてはいない)

 この図に沿って宇宙創成期を説明すれば以下のようになる。
 「時間も空間も、そしてもちろん物質も存在しないあの世において、大きなエネルギーのゆらぎが発生し、あの世とこの世を隔てる壁を越えてしまった。エネルギーゆらぎが一旦この壁を越えると、より低いエネルギー状態へと変化すべく「インフレーション」が引き起こされ、空間が指数関数的に急拡大した。このインフレーション膨張が終了した時点で、あの世が内在していたポテンシャルエネルギーが相転移により一挙に解放され、物質と光に転化しビッグバンが起きた。このように生まれた宇宙は、その後もエネルギーレベルの坂道を転げ落ちるように状態変化し、あの世のポテンシャルエネルギーを更に解放しながら、空間を膨張させ、物質を作っていった。」

 もし、上述したことが真だとしたら、私たちが目にする物質も、その入れ物である空間も、全てエネルギーが変化したものだと言える。私はかねがね般若心経宇宙の真理を突いていると思っている。
  色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
上は、私が般若心経の中で神髄と思っているセンテンスである。ここで「色」や「空」をどう捉えるかで解釈が変わってくる。「色」は目に写るものと捉え、すなわち、物質と解釈すると良いだろう。次に「空」は、真空 あるいは空間と捉えることができる。このように捉えると、このセンテンスは、「物質と真空は異なるものではない(同じものである)」と解釈でき、宇宙の真理である「この世の物質も空間も元は同じで、あの世のポテンシャルエネルギーが変化した一つの状態」という、この世の神髄を言葉を変えて言っているだけと思えてくる。



立山連峰からの日の出位置

 今日は久々に朝から良く晴れて、立山連峰から昇る朝日を拝むことができた。

 8月29日にブログを書いた時点で、日の出位置はまだ毛勝山の左方(北方)であったが、この4週間ほどで随分南方へ移動した。日の出位置近くで、ぼんやりと霞む、まるでブロッケン現象のような山があったので『山頂へ行かなくてもブロッケン現象は見えるのか?』と一瞬勘違いをしてしまった。下は、今日の午前中、パークゴルフをした常願寺川河川敷から撮影したものであり、勘違いした山影は影ではなく実在する山だと分かった。

 今年の歌会始めのお題は「窓」であり、入選した富山県南砺市の西村忠さんは、
  剱岳 三ノ窓より 朝日さし 富山平野に 田植はじまる
と詠んだ。下の写真は昨年5月11日、鉢伏山山頂展望台から眺めた砺波散居村の景色であるが、こののどかな農村に朝日が差し込み、田植えが始まる情景を想像すると、心が和み澄んでいくような気になる。

 今年の歌会始めでは、愛子さまも初めて歌を詠まれた。
  英国の 学び舎に立つ 時迎へ 開かれそむる 世界への窓
若者が初めて海外へ向かう際の、期待と緊張感が感じられ実に良い歌だと思った。
 私も50代にして初めて単身で海外出張した時は緊張した。その後、海外出張は多い時は年に4,5回にもなったが、出立の際、決まって行うルーティーンがあった。それは、成田空港で中森明菜の「北ウイング」を聞くことだった。「北ウイング」は、1984年にリリースされた曲で、
  映画のシーンのように
  すべてを捨ててく airplane
  北ウイング 彼のもとへ
  今夜ひとり 旅立つ
と始まる。意を決して海外へ単身で向かう私を勇気づける応援歌のように聞こえた。実際この歌は、まだアンカレッジ経由で、日付変更線を越えてロンドンヘ向かう夜行便(ミッドナイトフライト)を彷彿させる歌詞を含んでいて、曲の2番では、
  日付が塗りかえてゆく
  苦しいだけのきのうを
  あなたが住む 霧の町が
  雲の下に 待つのね
と続く。海外出張では色々なトラブルに巻き込まれたが(例えば、ロストバゲージ 3回)、お陰でちょっとしたことでは動じない精神力が養えた。
 今日はとりとめのない話になったが、平凡に過ぎる日々の中にも、新しい発見があるものだと思った。例えば今日は、近所から眺める剣岳では「三ノ窓」が窓としての凹みが小さいが、常願寺川河川敷からの眺めでは、大窓、小窓、三ノ窓が凹みとして際立って見えると分かった。同じものでも見方によって違って見えるということだろう。








秋分の日に考えたこと

 今日は秋分の日で祝日である。先日のブログで、秋分の日は日本以外の国では祝日ではないと書いたが、たとえ祝日でなくても、今日は全世界で秋分の日であり、英語では autumnal equinox と呼ぶ。(因みに equinox は昼夜平分時という意味になる)。
 秋分の日は二十四節季の一つであり、明治初期に太陽暦に変わる前、すなわち太陰暦の頃から使われているのに、その定義は太陽の運行に基づいて、まるで太陽暦に従っているように見える。不思議に思い今日はその辺りを調べてみた。

 江戸時代の人々は、旧暦(太陰太陽暦)のなかで暮らしていた。今のような新暦(太陽暦)を使い始めたのは、明治6年(明治5年12月3日を新暦6年1月1日とした)からである。二つの暦の違いは、地球に対する月の運行を基本にするか、太陽の運行を基本にするかである。旧暦は月の朔望(さくぼう:満ち欠け)を基準に置いていた。月の満ち欠けの周期(一朔望月)は、29.5306日(実際には29日と30日ある月を配置)。これを1カ月として、単純に12倍して1年とした。29.5306日*12=354.0432日となり、1年(地球の公転周期:365.2422日)に対し約11日間足りない。これを補正するため旧暦では閏月が設けられ、およそ3年に一度は1年が13ヶ月ある年として、暦の季節と実際の季節に差が生じないようにした。このようにして決まる旧暦では、毎月毎月15日の夜が十五夜で満月の夜となる。そしてこのように決まる旧暦の中に二十四節季が配置されたが、基準が冬至で、次の冬至までの1年間を24等分する形で配置された。従って旧暦(太陰太陽暦)は、月の朔望を基準とする太陰暦の中に、太陽の運行を基準とする二十四節季を組み入れる形となっている。
 私は、旧暦では、同じ弥生3月でも、年によって季節の進み度合いが変わるので、農業の種まき時期など分からず苦労していたのではないかと思っていたが、農業は二十四節季を基準に行えば良かったわけで、明治までは、別に旧暦を使用していても大きな問題は無かったわけである。
 ところで、現在は太陽暦が世界標準となっているが、太陽の運行は、というか、太陽の回りを回る地球の公転は一定と考えて良いのだろうか?

 上図は、地球の公転が一定とならない3つの要因を示している。1つ目が離心率で、およそ10万年周期で真円に近い状態から楕円に近い状態まで公転軌道が変化する。つまり、秋分の日における地球の位置が、昨年と今年で微妙に違うことになる。2つ目が地軸傾斜で、およそ4万年周期で最大24.5度、最小22.5度の間で変化する。傾きが大きくなれば、高緯度の夏はより暑く、冬はより寒くなる。3つ目が歳差運動で、およそ2万年周期で地軸が「みそすり運動」する。現在、真北の天空にある北極星が1万年後にはもう真北に位置しないことになるし、もっと大きい影響は、現在の地球の冬至位置が、1万年後は夏至位置になる。この影響は大きく、秋分の時の地球の位置は、1つ目の要因以上に3つ目の要因で変化する。
 現在地球は、歳差運動の周期の2万年で寒暖がゆっくり変化していると考えられており、この周期は一番最近では、約8000年前の縄文時代早期が最も暖かったが、現在は寒冷化の過程にあると考えられている。もちろん、この考えは、地球と太陽の関係から導き出せるものであり、温室効果ガスの影響は入っていない。
 今日はまた、誰も聞いてくれないようなうんちくネタを極めてしまった。





今年のナス栽培の評価

 今日、ナスの株を抜き、今年のナス栽培を終了した。

 写真は、ナスの根の張り具合を示すが、丁寧に掘り起こした方の株では、根の長さが最長85cmだった(この最長根も先端が切れてしまったので、実際はもっと長かった)。この長さは、畝間を超え隣の畝まで届く長さとなるが、ほぼ平年並みでまずまずだったと思う。

 上図は、昨年と今年の収穫量を比較したグラフである。総収穫量は、昨年の121に対し今年が132と1割ほど増収だった。要因としては、昨年は強風で葉が痛み7月前半の収量が落ち込んだのに対し、今年は風除けが功を奏して収量落ち込みが無かったことが考えられる。なお、天候の影響がどの程度あったかは定かでない。もちろん、収量が上がればうれしいが、別にその道のプロになるつもりは更々ないので、来年も今年と同じようにやれば良いと思っている。ただ、このグラフを見て、8月の1ヶ月間で収量ゼロになる点が改めて改善点だと思った。8月の初旬にナスとキュウリがほぼ同時に収量ゼロになるので、とっても寂しい気持ちになるからである。来年まで時間は十分あるので、対応策はゆっくり考えよう。





彼岸という言葉を使う日本人の国民性

 今朝は「寒い」と感じられるほどの気温となり、窓を開けて外気を入れると、気象パネルの気温表示は20℃を割り込んだ。昨日が彼岸入りであり、秋分の日を秋の真ん中と捉えるなら、この位の気温が時節に合っているのだろう。
 写真左は、拙宅庭の松の木の根元に咲いたコルチカムで、2日前から咲き始めた。写真右は裏の花壇に咲いている百日草で、咲き始めが7月初だったので、もう80日間ほど咲いていることになる。2日前の台風にも折れずに良く耐えてくれた。
 さて、「彼岸」という言葉は仏教用語であり、この世の「此岸(しがん)」に対し、対岸にある「悟りの境地に達した世界」すなわち極楽浄土を示す。従って、お彼岸という言葉を使い、秋分の日を祝日とし、この期間に墓参りをする日本人は、仏教色の強い国民だと言える。であるから、もし仏教徒であるなら、葬儀の時などで「おじいちゃんは死んで天国へ行くんだよ」と子供に教えてはいけない。仏教徒は死んだあと悟りを開いて極楽浄土へ行くのだから。天国へ行くのはキリスト教徒なのだから。

 上図は各国の9月の祝日を示す。秋分の日を祝日にしているのは日本だけであり、欧米各国や中国、韓国も秋分の日は平日である。確かに、中国も韓国も仏教徒はごく僅かであり、ひょっとして、彼らも死んだら天国へ行くと考えているのかも知れない。こんなことを考えていたら、同じアジア人でありながら、日本人と中国人と朝鮮人の国民性が大きく異なるのは宗教観の違いではないかと思えてきた。日本人なら、幼い頃、悪いことをしたらバチが当たり死んで地獄へ落ちると教えられる。こういう宗教色の強い教えが国民に染みわたり、国民性が醸成されるのではなかろうか。