久々の同居

 今日、娘が出産のため帰って来た。帰って来たと言っても、娘は大阪で生まれ東京で育ったので、この富山の家には住んだことがない。子供を産みに母親の住む家に下宿しに来たと言った方が良いのかも知れない。
 このコロナ禍での出産のため、東京から富山に来て2週間自宅待機し、その後富山の病院で出産一ヶ月前検診を受けることになっている。そういうわけで、予定日は9月初旬、その後一ヶ月検診を受けてから東京に帰ることになるので、今日から約3ヶ月間の同居生活が始まる。久々の同居である。
 娘は2013年に社会人となって直ぐに大阪勤務を拝命し、東京にあった我が家から巣立って行った。その後、彼女が大阪から東京に転勤で戻ってきた時には、今度は我々が富山に引っ越していた。と言うわけで、同居となるのは8年振りである。3日前にキジの雛鳥の巣立ちを経験し寂しい気持ちになっていたが、娘が来たので、また当分賑やかな暮らしとなりそうだ。f:id:TatsuyaYokohori:20210702223919p:plain
 写真は1年に2度咲く我が家のモクレンで、7月に入り満開に近くなってきた。今年も早や上半期が終わり下半期に突入した。時はどんどん加速しながら流れて行く気がする。